検索
  • C-C

クリエーション






甲矢です。

僕がクリエーションを始めたのは30歳から。

それまでは全く興味がなく、JHAですら知りませんでした。

始めた理由はブランディングのためでした。

僕は33歳で独立すると決めていたので、

独立した時に、自分という美容をしってもらっていたほうが

リクルートに役立つと思ったのと、

就職就職してくれたスタッフが、Iris.で働いていると周りに言ったときに、

良いサロンで働いてるねって言われるように。

JHAに選ばれたり、業界誌に紹介されれば、

美容業界で認知してもらえると思ったからです。


30歳でJHAを目標に始めてみたものの、

どうやって作るのか、どんなものが評価されるのか、全然わかりません。

周りのクリエイションをやってる友達にきいてみると、

JHAに選ばれるような作品は、プロの外人モデルで、プロのメイクを頼んで、

プロのスタイリストに衣装を決めてもらって、プロのカメラマンに撮ってもらわないと

まず無理との事でした。

ですが、そんなお金もコネも僕にはなかったので、とりあえず中古の一眼レフカメラを買って、お客さんをモデルに見よう見まねで撮影をやりました。

ネットでいろんなコンテストで賞に選ばれている作品を沢山見て、

どんな作品が評価されているのかをひたすら研究しました。

レタッチもPhotoshopをダウンロードして、本でやり方を見ながら勉強しました。

いつも夜遅くまで撮影に付き合っていただけたモデルさんの協力もあり、

数だけは誰にも負けないくらい作品を撮り続けるうちに、

地方のコンテストでちょくちょく賞をとれるようなりました。

だんだんと県内のクリエイションをしている美容師さんと仲良くなり、

いろんな事を教えてもらったり、JHAをとったことがある美容師さんと

一緒に撮影したりできるようになりました。

仲間ができて、環境が変わると、みんなの協力ののおかげでどんどんと結果もでてきて、

業界紙にも掲載していただけるようになりました。

33歳で独立してからも、撮影が好きなスタッフが就職してくれて、みんなでクリエイションだけでなく、サロンスタイルもどんどん撮っていきました。

クリエイションで培った技術でサロンスタイルを撮ると凄く可愛い写真になって、

多くのお客さんがイリスに来てくれるようになりました。

サロンスタイルで多くの集客ができていた事で、

セミナーなどもやらせていただけるようになりました。

サロンスタイルを撮ったり、セミナーで教える機会が増えた事で、

似合わせや、質感の作り方などのスキルがより身につきました。

そして今度はクリエイションにサロンスタイルのスキルを取り入れることで、

ますますいい感じの作品をつくれるようになり、

35歳になってついに目標だったJHAにノミネートされました。

現在37歳になりますが、JHAは3年連続ノミネート、

ここ5年間でのコンテストでは通算41コのノミネートや賞をいただきました。


お金がなくても、環境がなくても、才能がなくても、

諦めずやり続けていけば結果は必ずでます。

もちろんお金をかけてプロのモデルさんやカメラマンさんに頼んだ方が

確率は上がると思いますが、クリエーションで結果を出すためには、

とにかく多く作品を作ることだと思います。

僕は今までクリエイティブとサロンスタイルを合わせると、

ボツ作品も含めると800作品以上は作ったと思います。

クリエーションや撮影をやってきたおかげで、

全国に多くの仲間や友達ができました。

お客様に喜んでいただけるスキルが身につきました。

セミナーやスクールをやらせていただけるようになりました。

美容師であるならば、クリエーションや撮影は必ずやった方が良いと思います。

僕の最初の目的だったブランディングは自分の中では達成できたと思っています。

これからは、イリスのスタッフや、セミナーに来てくれた美容師さんに、

JHAやいろんなコンテストで結果を出してもらえるように、

プレイヤーではなく、サポートに全力を尽くして行きたいと思います。

まずは6月3日に神戸で馬生さんと一緒に、

美容師さんの撮影のお手伝いをさせていただきます。

5年で41コのノミネートや賞をとった秘密を、

受講生の皆さんにお伝えできればと思っています。。

ご質問や参加希望の方はDMお待ちしています。


Copyright© 

C-C.Feat-Charm Creation 

All Rights Reserved...since2018